ホテル・旅館ガイドブック

宿泊施設とは?

ホテルや旅館と言った施設をまとめて宿泊施設と言いますが、どのような基準で宿泊施設と位置づけているのでしょうか?簡単に書いてしまえば「人間が就寝できる設備を備えた施設」全般を宿泊施設としています。当たり前じゃないかと思う方もいらっしゃると思い間ますが、宿泊施設は旅行先や仕事先で利用者が就寝できる空間を提供する事が出来る施設の事を指します。

この宿泊地の利用者の殆んどが旅行や観光などが目的の宿泊者で、次に多いのが仕事の出張に使うサラリーマンと続きます。また、学生であれば受験シーズンに試験を受けるため宿泊したり、卒業旅行の旅先でホテルや旅館といった宿泊施設を利用していると思います。それに海外旅行であれば、宿泊施設の確保は絶対に必要ですよね。一昔前まで宿泊施設は旅行先で使用するモノとして認識されていたため、旅行にいけない人々にとってホテルや旅館は滅多行く事ができない癒しの空間でした。しかし、最近では宿泊施設自体の値段もダ大分下がってきて、サラリーマンや大学生のみならず、高校生といった低所得者でも宿泊できるような施設も出始めました。

宿泊施設の成り立ち

上記のように宿泊施設は就寝施設があればどんな所でも宿泊施設になってしまいます。しかし、その宿泊施設で勝手に営業を行なってしまっては犯罪になってしまいます。もちろんホテルや旅館、民宿といった施設は利潤を生み出すために経営を行なっていますが、法律で定められた規定にのっとり営業を行なっていますので問題はありません。この宿泊施設を使った営業方法について定めたのが旅館業法です。実はこの旅館業法が公布されたのが以外に遅く、半世紀前の1948年7月15日に施行されています。

この旅館業法の中には幾つか分類分けがされています。その分類はホテルや旅館、民宿といった宿泊施設の建設様式や宿泊設備によって決められており、旅館業法の第二条で「旅館営業」「ホテル営業」「簡易宿所営業」「下宿営業」といった分類に分けられています。ホテルや旅館に関しては別で簡単な説明を行なっていますの興味が有る方はそちらを覗いてみてください。

あまり聞きなれない「簡易宿所営業」ですが、この営業は「宿泊する場所を共有して営業する設備」をもつ場所がこれにあたります、感じの掴めない方は各県で運営されている「自然の家」の宿泊施設を思い出していたただければ判りやすいと思います。それでも判らなければ映画の「フルメタルジ○ケット」の序盤を観て頂ければ判ると思います。

上記に続いて聞きなれない「下宿営業」ですが、その営業方法を書けば誰でも納得の判りやすいもので、長期滞在(1ヶ月以上)を望む宿泊者をお金を貰う代わりに宿泊させる営業法です。他の営業法との違い、この営業法を使う場合は短期旅行者相手ではなく、進学や就職といった長期的に住むような形で使われる事が多いです。感じが掴めない方は、某賃貸経営会社の1年契約リース部屋のコマーシャルを思い出していただければよろしいかと思います。

ちなみに、旅館業法にある「人間が就寝できる設備」の定義は非常に簡単で、「枕」「毛布」「ベット」といった寝具を備えてるかであるため、マッサージチェアーや畳部屋を仮眠室として設置している施設は宿泊施設としては認められません。

check

表参道のおしゃれヘアサロン
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000280954/
立川の美容院でカット
http://www.marea14.com/
表参道の隠れ家的美容院
http://www.lauleas.com/
二子玉川のしゃれた美容室
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000233657/
池袋の綺麗な美容院
http://arky.jp/

最終更新日:2014/10/31

copyright (C)ホテル・旅館ガイドブック 2009 All rights reserved.